カテゴリー「2015静岡の旅」の記事

2015年3月21日 (土)

河津桜と伊豆の海

2015年3月9日(月)、南楽の朝はすいとんで始まります。

昨日お餅つきが行われた場所へ行くと、優しいおばあちゃんが「おはようございます。どうぞおあがりください。」と迎えてくれました。

囲炉裏にかけられた大きなお鍋から、手作りのすいとんをお椀に入れてくれます。

南楽のおもてなし「その三」です。

新鮮なお野菜ともちもちとしたお団子でホッとする味でしたhappy01

朝風呂はそれぞれ大浴場へspa

Cimg2363

朝は、ロビーで煎茶がいただけます。

お風呂上がりに夫とロビーで待ち合わせheart04

Cimg2365

↑南楽のおもてなし「その四」

お茶請けはお漬物などで、すべて売店で販売されているものでした。

Cimg2364

↑ロビーにいたおばあちゃん人形

良い感じですheart

館内には、こんな民芸調の飾り付けがたくさんあって癒されます。

Cimg2366

お部屋に戻ると、囲炉裏に朝食の準備がされていました。

お布団が片づけられていて、二度寝ができなかったのが残念bleah

Cimg2368

昨日の残りの日本酒を飲みながら、仲居さんを待ちますbottle

8時でお願いしてたよね・・・、鍵はちゃんとささってるよね・・・sign02

Cimg2369

朝食も程よい量で、美味しく完食japanesetea

***

せっかくだから、お部屋の瓶のお風呂にも挑戦

Photo

堤防を歩いてる人と目が合いましたhappy02

外から丸見えですsweat01

でも、眺めがよくて気持ちよかった。

***

チェックアウトは11時だけど、早く帰ってビデオを観ようと10時過ぎに出発。

Cimg2382


お庭を出て桜を見に行ったら、川に大きな鯉がいました。

Cimg2378

あと1週間早かったら、満開だったでしょうね~。

Cimg2391

チェックアウトして玄関で待ってると、ちょうど車が回されてきましたrvcar

日本の温泉旅館の良い所をギュッと凝縮したようなおもてなしの数々に、充分満足できた一泊二日でした。

***

Cimg2394

最終日は、伊豆の東海岸をドライブしながら帰ります。

風が強くて、白波が立っていましたwave

Cimg2402

途中、河津で桜見物を。

駐車場はどこも500円で、川に近い所は満車だったけど、臨時駐車場をしている床屋さんがおいでおいでとしてくれてラッキーにも、停めることができました。

屋台がずらっと並んでいて、たくさんの人が歩いていました。

Cimg2406

普通の桜よりも色が濃いですね。

こちらももう一週間早かったら満開だったでしょう・・・。

Cimg2409

菜の花とのコントラストが素敵です。

Cimg2415

猿回しもやってました。

猿が竹馬で歩いています。

最後に、お姉さんがお金を集める時に「お気持ちを4つ折りにして猿に渡してください。」って言ったのが、うまいなぁと思いました。

4つ折りにするならお札ですからね~。

Cimg2416

みんながお札を渡す中、ケチな私は籠に直接コインを入れましたcoldsweats01

Cimg2419

川沿いを歩いて、荒れた海を眺めてから出発。

***

Cimg2428

珈琲を飲みたくて、断崖絶壁にあるカフェ「花の妖精」でランチ休憩cafe

Cimg2429

広がる海を見ながら、贅沢な時間でした。

***

こうして、3泊3日の静岡旅行は終了。

久しぶりの国内旅行でしたが、行ったことのない場所へ行ったり、初めての体験をするのは、とても楽しいですね。

また、連れて行ってね、ダーリンheart

Cimg2345

| | コメント (2)

2015年3月16日 (月)

南楽のおもてなし

2015年3月8日(日)の午後5時頃、南伊豆の旅館「花のおもてなし 南楽」に到着しました。

清水市からノンストップで3時間半のドライブでしたrvcar

運転手さん、お疲れ様heart

ロビーでお抹茶をいただいた後、着物を着た仲居さんにお風呂などを案内してもらいながら6階のお部屋へ。

Cimg2339

お部屋の窓からは川と河津桜が見えます。

春の風景ですねcherryblossom

今回は、「囲炉裏と瓶の露天風呂付 下加茂亭」というお部屋を予約していました。

Cimg2334

↑メインのお部屋

Cimg2335

↑囲炉裏のお部屋

Cimg2333

↑窓際のソファ

Cimg2337

↑洗面所

Cimg2336

↑お風呂と露天風呂

ゆったりとくつろげそうな広いお部屋で嬉しいhappy01

Cimg2351

↑女性用のアメニティとお風呂用の籠バック

おしゃれな髪ゴムやシートパックなど、女性には嬉しいプレゼントですribbon

靴下(緑色です・・・)と籠バックは二人分あって、便利に使いました。

***

このお宿を選んだ理由の一つは、無料の貸切風呂が10か所もあって、そのうち7か所は露天風呂付きということspa

早速、浴衣に着替えて、お風呂めぐりへnote

いつもはお昼寝タイムの夫も家族風呂と聞いて、珍しく付き合ってくれましたheart

Cimg2340

↑一つ目のお風呂は内湯が瓶で、露店が岩風呂。

どちらもお一人様用サイズなので、交替で入りましたwink

ナトリウムのしょっぱいお湯で熱めです。

シャンプーなどはあるけれどシャワーはないので、桶で水を汲んで入れました。

***

空いていれば自由に入れるので、もう一か所行ってみます。

Cimg2341

↑二つ目のお風呂は、内も外も檜風呂。

それぞれ趣が違って楽しいnotes

***

Cimg2349

↑南楽のおもてなし「その一」

お風呂上がりにロビーで葡萄ジュースと葡萄のシャーベットなどがいただけますwine

ほてった体に、冷たいジュースが気持ち良いshine

***

夕食を7時でお願いしていたので慌ててお部屋へ戻ったのに、20分過ぎても音沙汰なし・・・sign02

玄関に行ってみると、仲居さんが「いらっしゃったんですね~、すみません!」と慌てて支度を始めてくださいました。

ドアの横に鍵を差すと、外のランプが点いて在室と分かるシステムだったのに、差し方がゆるくて不在と思われてたようです・・・down

Cimg2353

夕食は「美味少量プラン」でお願いしていました。

メインは金目鯛のしゃぶしゃぶです。

コーラと冷酒で乾杯bottle

どれも素材が良くて、流石に海の幸が美味しかったkissmark

炭火の灰がふわふわと部屋中に漂っていたのにはびっくりしましたが、完食happy01

***

夕食後もお楽しみがあります。

Cimg2362

↑「南楽のおもてなし その二」

土曜と日曜は夜8時半からお餅つきがあって、きなこ、あんこ、青のりにまぶしていただけます。

私たちが行った時は、外国人のお客さんが楽しそうにお餅をついていました。

(たくさんのお客さんでほとんど見えませんでしたが・・・smile

係の人がお餅を小さくちぎってくれるので、好きなだけいただくことができるようです。

私たちもしばらく待って、美味しいお餅をいただくことができましたflair

少量プランにしてて良かったhappy01

***

私はそのまま大浴場へ。

お部屋に戻ると、お布団が敷かれていました。

お茶を淹れてテレビを見たり、タブレットで遊んだりして、早めに就寝sleepy

今日も楽しかったsign03

南楽のおもてなしは続きます・・・。

Cimg2343

| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

いちご狩りと東照宮

2015年3月8日(日)は、8時頃起床。

期待通りの青空が広がっていて一安心happy01

道の駅の食堂で簡単にパンと珈琲の朝食(夫はラーメンnoodle)を済ませて、手造りキーウィジャムを100円で購入して出発rvcar

Cimg2225

今日の目的地は、静岡市の久能山東照宮です。

お天気が良くて時間があったら、日本平や三保の松原なども行ってみたい。

Cimg2227

遠くに伊豆半島を見ながら、海沿いを快適にドライブしていると、左側にいちご狩りのビニールハウスが続いていて、女の子がおいでおいでと手招きしています。

有名な石垣イチゴの産地です。

Cimg2229

↑新鮮なイチゴの誘惑に負けて、こちらにお邪魔しました。

30分で一人1600円と聞いて一瞬ためらいましたが、もう後戻りはできませんsmile

Cimg2232

大きいイチゴがたわわに実っていますnote

おじさんに食べ頃の苺の見分け方と摘み方を教えてもらって、お皿と練乳を受け取って、スタートsign03

Cimg2233

ひとつ食べてみると、あま~いshine

練乳をつけない方が美味しいねと言いながら、夢中で食べましたkissmark

Cimg2231

でも、そんなにたくさん食べられるものでもなく、すぐにお腹一杯に・・・。

数えてみたら、夫が30個位、私が20個位。

一粒が大きいから、元は取れたと思います・・・coldsweats01

久能山の石垣イチゴというと、石垣からイチゴが垂れ下がっているイメージでしたが、普通のビニールハウスでしたね。

ご馳走様でしたbud

***

久能山東照宮はすぐ近くにありました。

Cimg2239

↑この山の上です。

ここは、徳川家康のお墓があって、日光東照宮よりも先に造られた東照宮なのだそうです。

いちご狩りのお店の方が「いちいちごくろう」で、1159段の階段を登ると教えてくれました。

誘導されるままに、お土産物屋の駐車場へ車を停めて歩きます。

Cimg2244

昔のままの石段を登って行くと、眼下に海が広がって素晴らしい景色wave

Cimg2246

↑いちご狩りのビニールハウスも見えます。

Cimg2248

景色を見ながら、休み休み登って、ようやく鳥居が見えてきました。

Cimg2262


Cimg2271


←河津桜が綺麗に咲いていました。

Cimg2282


緋寒桜も見ごろです→

***

Cimg2272


Cimg2277

拝観料500円を払って、美しい建物を一通り見て回りました。

境内で、お茶マイスターという資格を持った方が淹れたお茶を試飲させてもらったら、とても甘くて美味しかったので、お土産に買ってきました。

生産者の方がお茶の葉を水に浸して淹れたお茶も飲ませてくださいましたが、それもほのかに甘くて美味しかったです。

家でも同じように、50度位のお湯で淹れてみたけど、あの時の味は出せません・・・think
(私の腕が悪いのか、同じクオリティのお茶ではないのか・・・sign02

***

日本平からは富士山が見えるかもしれないと思い、ロープウェイに乗ることにしました。

Cimg2298

腰元の衣裳を着た方が、面白おかしく解説をしてくれて、久能山の自然と歴史を勉強できました。

Cimg2306

↑日本平の頂上にあった電波塔

ロープウェイが到着した場所は無料の駐車場になっていて、観光バスがたくさん停まっています。

ここから東照宮へ向かえば、駐車場代もかからず、あの階段を登らずに拝観できる仕組みになっていることに気が付きましたimpact

Cimg2305

残念ながら、富士山は雲の中・・・cloud

特に見るべきものもなく、すぐに折り返しのロープウェイで戻ってきましたdash

車を停めたお土産物屋さんで昼食タイム。

Cimg2321


Cimg2322


夫は名物のかき揚げ丼を、私はシラスと桜えびのミックス丼をいただきました。

どちらもボリュームたっぷりで美味しかったgood

このお店で2000円以上払うと、駐車場は無料になるシステムなので、ちょうど良かったです。

***

ふと時間を見ると、もう1時半。

今夜のお宿は2時からチェックインできるので、早めに着いてのんびり温泉に入ろうと思っていたのに・・・shock

清水ICから東名高速、伊豆縦貫道、修善寺道路を通って南伊豆まで一気に走破しますsign03

Cimg2324

日曜の午後なので、対向車線は大渋滞ですが、こちらはそれほどの渋滞はなく、5時前に到着できました。

Cimg2332

↑南伊豆は、菜の花が満開
(先を急ぐので、立ち寄れず残念wobbly

今夜のお宿は、「花のおもてなし 南楽」ですshine

| | コメント (0)

静岡に行ってきました

2015年3月6日(金)の夜から9日(月)まで3泊3日で、夫と静岡へ旅行に行ってきました。

毎年春になると、無性に温泉spaに行きたくなるのは何故でしょうね~sign02

我が家の車は雪道は走れないので、この季節のおでかけは、暖かい伊豆か千葉方面に限られますclover

以前から行ってみたかった南伊豆のお宿を予約して、残りは車中泊ということで、なんとなく静岡方面に行ってみることにしました。

天気予報では土日とも雨だけど、晴れ女の力を信じて金曜の深夜12時頃に出発rvcar

東名高速を走って、午前3時頃、足柄SAで就寝sleepy

Cimg2161
(今回は写真の設定が小さくなっていて画質が残念・・・shock

***

ぐっすり眠って、気が付くともう11時sign03

幸い雨は降っていません。

サービスエリアの案内所で地図をもらって、レストランで朝食兼昼食をいただきながら行先を相談。

Cimg2162
大井川上流の寸又峡に行ってみることにしました。

雲が多いけど、少しだけ富士山が見えますfuji

Cimg2168

新東名高速の清水PAでちょっとだけトイレ休憩のつもりが、いろんなお店があって、じっくりと見てしまいました。

Cimg2169

↑こんなカッコいいバイクが展示されていたり、

Cimg2171

↑こんなカッコいい車が展示されていたり、

Cimg2173

↑こんなおしゃれなトイレがあったり、パーキングエリアとは思えないゴージャスさですeye

Cimg2176

金太郎印のラスクを美味しくいただきながら、楽しいドライブnote

静岡ICを降りて、お茶畑を見ながら山道をどんどん登って行きます。

Cimg2177

ほとんど対向車の来ない1車線の国道・・・。

Cimg2180

空いてていいなぁと思っていたけど、大井川沿いに走れば大井川鉄道の蒸気機関車を見ることができたことに、後で気が付きました・・・down

行き当たりばったりの旅だから、こんな失敗も仕方ありませんね~coldsweats01

でも、途中、駅にとまっている蒸気機関車からもくもくと煙が上がっているのをチラッと見ることができましたよsubway

Cimg2187

離合の難しそうな狭い道をくねくねと進んで、無事に寸又峡に到着motorsports

無料の駐車場に車を置いて、90分のお散歩コースに出発ですshoe

(実は、車から降りたらすぐに渓谷を見ることができると思っていたのですが、そう甘くはありませんでした・・・bleah

Cimg2191

↑長い吊り橋を見下ろしたり、

Cimg2193

↑暗いトンネルをくぐったりして、

Cimg2194

↑ようやくエメラルドグリーンのダム湖が見えてきました。

何故こんなきれいな色なんだろうと思ったら、無色透明の水に溶け込んだ微粒子が光を反射して青色に見えるんだそうで、チンダル現象というそうです。

Cimg2196

長い階段を下りていくと、「夢の吊り橋」に到着しました。

Cimg2200

足元は2枚の板だけで下が透けて見えるので、高所恐怖症の夫は大変だったようですが、私はこういうの大好きsmile

二人同時にわたると、結構揺れるので、一人ずつ渡りました。

ちょうど誰もいなかったので、ラッキーでしたshine

季節外れでお天気もよくないからこそ、山の静寂な雰囲気を満喫できて良かったと思います。

Cimg2207_2


橋を渡った後は、急な石段を登ります。

最近、お昼休みに3階の食堂から32階の職場まで階段を昇るという運動を毎日している私はへっちゃらでしたが、全く運動をしていない夫は汗だくで半袖のTシャツ一枚になっていましたsweat01

「飛龍橋」という橋を渡って戻ります。

Cimg2216

↑「飛龍橋」から「夢の吊り橋」が見えます。

幸い雨にも降られず、無事に駐車場まで戻ってくることができました。

汗をかいたので、すぐ近くの町営温泉へ。

Cimg2223

このとき、時刻は4時58分で、5時半に閉まるということで、大急ぎで入浴しました。

誰もいないので、貸切風呂ですgood

Cimg2220

アルカリ性のぬるぬるしたぬるめの濁り湯で、とっても気持ちよかったsign03

もっとゆっくり浸かっていたかったわ~。

受付のおじさんが親切で、余計にくつろげましたheart

どうもありがとう!

***

帰りは大井川沿いを走りながら、夕食のお店を探します。

がっ、全くお店がなくて、不安になった私たちは、コンビニでおにぎりなどを確保。

私はついでに缶ビールをゲットbeer(これが最高に美味しかった)

8時半頃に河口近くの島田市に着いて、ようやく夕食を食べることができました。

Cimg2224

夫は天丼、私はカキフライなどの定食。

お腹が空いていたので、美味しくいただきましたrestaurant

ここでまた、SAでもらった地図を見て、今夜の宿泊場所を探します。

国道1号線を伊豆方面に進んですぐのところにある道の駅「宇津の谷峠」で就寝することにしました。

コース取りに失敗したけど、吊り橋も寸又峡温泉もとても良かったので、大満足の一日でした。

2日目に続きます・・・。

Cimg2222

| | コメント (0)