カテゴリー「2012韓国イ・スンギコンサートツアー」の記事

2012年12月18日 (火)

最終日もイ・スンギ

2012年12月2日(日)、ソウル滞在4日目の朝もいいお天気ですsun

Imgp1117

Imgp1118

←お部屋の窓から見えるソウルの街

***

イ・スンギのコンサートは今日も行われるのですが、我が家は今日帰るので2回目は観られません・・・weep

帰国後に調べたら、曲順もゲストも初日と同じだったようです。

違ったのは、オープニングの空中ブランコが逆方向に飛んだことと、アンコールの最後にいろんな方への感謝の言葉を述べた後、涙に詰まって歌えなくなったこと・・・。

あ~~~、来年は2日目に(も)行きたい~~~sign03

(って、来年も行くのかsign02 そして、2回も行きたいのかsign02

***

韓流スターの追っかけおばちゃんを他人事のように、ちょっと恥ずかしい思いで見ていた私が、この年になってこんなにはまってしまうとは・・・bomb

自分でも不思議ですlovely

20120705


武道館で生歌を聴いた時の感動から始まり、ファンの方のブログを通じて、知れば知るほど、見れば見るほど、その人柄や可愛さから目が離せなくなってしまったという感じでしょうかshine

夫も一緒に楽しんでくれるというのも大きいですね~present

***

ということで、名残惜しさを引きずりながら、荷造りをして、昨日の残りのパンと、フロントから貰ってきたコーヒーで朝食を済ませて、チェックアウトhotel

9時10分のお迎えまで、ホテルの周りをお散歩しました。

Imgp1125


↑ホテルの前から地下鉄西大門駅方向を見たところ。

空港への車の中でにぎやかにおしゃべりしていた女性3人組も、イ・スンギのコンサートに行かれた方で、ビックリeye

一体どれだけの日本人がコンサートのために渡韓したんでしょうね~notes

空港では、アウトレットを見て回ったり、お土産屋の強引な売り込みにタジタジとなったり、キムパを食べたりしてウォンを使い切ってから、12時10分に離陸airplane

Imgp1129

←半分は家に持ち帰って食べましたhappy01

機内食は来る時と似たような和食ランチ→Imgp1131


内線用の機体だったので、座席のモニター画面がなかったのが残念sweat01

 

映画の続きが観れなかった・・・。

 

 

14時過ぎに羽田に到着して、14時45分のリムジンバスに乗り、電車に乗り継いで、スムーズに帰宅できましたtrain

 

これにて、初めてのソウル旅行記はおしまいですfoot

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございますhappy01

 

ご質問などありましたら、お気軽にコメントしてくださいpencil

 

***

 

(後日談)

 

ソウルでは氷点下にも耐えられるようにたくさん重ね着していたのに、日本では油断したのか、帰国後すぐに風邪をひいてしまいました・・・down

 

ソウルっ子も愛用のヒートテックを日本でも履かなくちゃbleahdenim

 

| | コメント (2)

2012年12月17日 (月)

コンサート会場にたどり着くまで

2012年12月1日(土)の夕方、ソウル市内に戻ってきました。

今日最後の見学地は、「宣陵と靖陵」です。

朝鮮王朝の王様のお墓は、宮殿から4キロ以上離れ、40キロ以内の場所に造らなければならないそうで、いくつかは北朝鮮にあるからお参りできないそうですthink

ここには、第9代成宗と王妃、その子で第11代中宗の3つの墓陵があります。

Imgp1095

江南の大都会のなかに、静かな空間が広がっていました。

Imgp1089

ここでも、毎年祭祀が行われるそうで、お墓の手前にある建物は祭祀を行うための建物です→

Imgp1094

だんだんと陽が傾いてきて、あたりは赤く染まっています。

予定では、4時半にはホテルに到着となっていたので、見学が終わるのは4時前かなと思っていたら、既に4時半になろうとしている・・・watch

ゆっくりと歩きながらも、心の中では早く解放してほしくて焦ってましたdash

***

ようやく駐車場に戻ったところで、私たちはみんなとお別れ。

まずは、カフェで軽く腹ごしらえです。

コンサート会場までタクシーで行こうと思っていたけど、渋滞がひどいので、地下鉄に挑戦することにしました。

チケットの買い方や、改札の通り方、乗換駅など、一応調べていたけれど、かなり、ドキドキheart02

「地下鉄2号線「宣陵駅」から乗って、一旦は、「蚕室駅」で降りました。

ここからタクシーで行けば近いのです。

ところが、地上に出てみると、広い道路は大渋滞sign03

あきらめて、また、地下鉄に戻ります。

夫に路線図を見てもらって、8号線、5号線と2回乗り換えて、ようやく、「オリンピック公園駅」に到着することができました。

Imgp1097

着いた時は、午後6時を過ぎていて、既に真っ暗。

でも、無事に到着できて、とってもうれしかったわhappy01

コンサートの様子は、既に報告しているので、写真だけ・・・。

Photo

Photo_2

Photo_3

コンサート終了後も、また、地下鉄に乗って、帰ってきました。

偶然、ホテルの最寄り駅が地下鉄5号線「西大門駅」だったので、乗り換えなしで、座って帰ってくることができました。

チケット売り場は大行列だったけど、到着したときに帰りのチケットを購入済みだったのですscissors

電車の中で、韓国の若い可愛いい女の子たちを眺めているのも楽しかったわ(特に夫が・・・bleah

***

昨日の夜食のチキンが美味しかったので、またまた、ホテルの向かいのチキン屋さんでテイクアウトをお願いして、コンビニでビールを買って来ました。

ソウル最後の夜に乾杯beer

チキン屋さんの人が私たちを覚えてくれてたらしく、待ってる間、お菓子を出してくれましたkissmark

いいお天気の中たくさん歩いて、コンサートではしゃいで、ホテルで美味しいビールとチキンを食べて、幸せな一日でしたheart04

| | コメント (0)

2012年12月16日 (日)

ソウル滞在3日目は水原観光へ

我が家のパソコンが、6年目にしてとうとう壊れたため、急遽買い換えてきましたimpact

ウインドウズ8の使い方を習得したり、お気に入り等を移したりするのに手間取って、ブログが滞ってしまいましたsweat01 すみませんsign04

***

2012年12月1日(土)は、いよいよイ・スンギのコンサートの当日です。

コンサートは、午後7時からなので、この日も一日ツアーで観光に行きます。

今日のガイドは、一昨日空港にお迎えに来てくれた李さん、朝8時半に出発です。

Imgp1037

←この日の朝食は、昨日購入していたパン。

でも、寝坊したので、車に持ち込んで食べました・・・bread

***

ツアーの一行は、昨日もご一緒だった年配のご夫婦と中国人の女の子と、私たちの計5名。

乗り心地の良い車で、ソウルから高速道路で南へ約1時間走ります。

韓国は車が多く、道路が混んでいるにもかかわらず、車間距離は取らず、スピードを出すので、とても怖いですrvcar

急に割り込まれて急ブレーキを踏んだ運転手さんが、「ケンチャナ?」(=大丈夫?)「ミヤネ~」(=ごめんね~)と何度か言ってました。

私は、シートベルトもせずに眠っている夫が転がるんじゃないかと、冷や冷やしてました・・・happy01

***

最初の観光地は、「水原華城」(スウォンファソン)。

Imgp1038

到着したらすぐに、スンギ君が出迎えてくれましたheart

至るところで大統領選挙の宣伝をしていますねsign01

Imgp1039

↑私たちは、城郭の東側にある「蒼龍門」から入りました。

ここは、朝鮮王朝の正祖王が作った城郭が残っている町で、延々と続く城壁の中に、普通の町がありましたよ。

城壁に沿って、1時間ほど歩きますshoe

Imgp1051



↑城壁は、遠くに見える山の上までくねくねと続いていました。

Imgp1052

Imgp1057

途中、見張り台に登ったり、橋を渡ったりして、気持ちの良いお散歩でした。

Imgp1059

華虹門に到着すると車が待っていて、お昼ご飯です。

ここ水原は、カルビが有名な土地ということで、期待していたのですが・・・。

やはり、団体客用の食堂で、肉質も、味も、量も、今三くらいsad・・・。

写真さえ撮っていない・・・。

***

食後は、「韓国民族村」という、昔の生活を再現している広いテーマパークに行きました。

Imgp1068

←綺麗な花が出迎えてくれて。

ガイドさんの説明を聞きながら、いろんな建物を見て回ります。

Imgp1069

↑ここでは、歴史ドラマのロケも行われるそうです。

Imgp1071

Imgp1076

無料で民族衣装を着せてくれたり、騎馬のショーを見せてくれたり、拷問の道具が置いてあったり、楽しいプログラムがたくさんあって、なかなか、いい遊び場でしたよ。

もっと、ゆっくり、二人だけで楽しみたかったなあ・・・note

Imgp1083

↑水車の周りの水は凍ったままですsnow

広い園内を一周して、ソウルへ戻りました。

Imgp1088

| | コメント (0)

2012年12月13日 (木)

ソウルの夜はヤンニョムチキン

2012年11月30日(金)の夜、ソウル梨泰院(イテウォン)の「クラウンホテルエステ」に足を踏み入れました。

年配の女性が、ソファに案内してくれて、おもむろにメニューを広げますdash

今回は、ツアーのオプショナルで一人65000ウォン(=約5000円)という格安料金で、汗蒸幕(ハンジョンマク)というサウナ、アカスリ、オイルマッサージなど一通りのコースが受けられることになっていました。

事前情報で、店側の営業に負けると結局高いものになってしまうと知っていたので、聞き流すつもりで、女性の話を聞いていました。

が、流暢な日本語の営業トークは延々と続き、なかなか開放しもらえませんsweat02

結局、四十肩がつらい夫がマッサージを受けるということで、ようやく開放してもらえましたdollar

更衣室からは、男女別なので、夫が連れられていった後、今度は私への営業が始まりました。

夫が終わるまで、1時間以上も待たなければならないからこれがいい、あれがいい、と勧められ、結局、私もアイラインのアートメイクを受けることにしましたdollar

ついつい、話しに乗せられて、我慢できない私です・・・shock

***

鍵つきのロッカーに荷物と服を入れて、ガウンに着替え、クリームでメイクを落とします。

後は、係の人に流れ作業のように手を引かれて、足のマッサージ→アートメイク→岩盤浴→汗蒸幕→水を飲む→ぬるいお風呂→熱いお風呂→アカスリ→オイルマッサージ→きゅうりパック→シャンプー→ミストサウナ→ぬるいお風呂→体を拭いてもらって終了でした。

サービスは完璧で、とても気持ちよく、アカスリも丁寧だし、アイラインのアートメイクも手慣れていてほとんど痛みもなく、やってよかったと思いましたshine

無期限の保証書ももらったので、アイラインが薄くなったらいつでも無料でやってくれるそうですfree

これで、当分は化粧いらずだわhappy01

化粧室も完備していて、化粧水や乳液、ドライヤーを使って身支度を整えたら、既に夫は終わって待っていました。

夫の方は、あんまり満足感がないようでしたannoy

やっぱり女性向けなんでしょうね~smile

***

エステの車でホテルまで送ってくれます。

この頃には、雨も上がってました。

Imgp1035

↑夕食が物足りなかったので、ホテルの向かいにあったチキン屋さんで「ヤンニョムチキン」を買ってきて、コンビ二でおつまみなどを買ってきて、お部屋で乾杯beer

ピリ辛の味付けが個性的で、付いてきた大根の水キムチ(?)もさっぱりとよく合って、サウナでほぐれた体に沁みこむ美味しさでしたchick

Imgp1123

↑ホテルから見て、道路の向かい側、3軒並んだ真ん中の茶色い看板のチキン屋さん、お勧めですflair(日本語は通じません・・・)

***

この日は、夜0時20分からイ・スンギが出演する歌番組「ユ・ヒヨルのスケッチブック」が放送される日だったので、眠い目をこすりつつ、頑張って見届けてから、就寝sleepy

一日でソウルの北半分を見て回った、長い一日がようやく終わりました。

食事以外は、とても充実していた、楽しい一日でしたheart

| | コメント (0)

2012年12月12日 (水)

ソウル市内観光(その3)

2012年11月30日(金)の夕方、「南山韓屋村」(ナムサンハノクマウル)にやってきました。

朝から、たくさん歩いて、もう、お腹一杯という感じでしたが、頑張って歩きます。

Photo

↑村の入口から、南山公園のNソウルタワーが見えました。

夜はライトアップされたタワーがいろんな場所から見えて綺麗でしたが、タワーから見るソウルの夜景も美しいらしく、是非上りたかったのですが、今回は行くことができず残念night

***

Imgp1025

南山韓屋村には、朝鮮王朝時代の伝統家屋が5軒移築されていて、当時の暮らしを見ることができます。

ガイドさんの説明を聞きながら歩きました。

オンドル(床暖房)の仕組みや、土中に埋め込まれたキムチの壷などを興味深く見学しました。

Imgp1022

←ここにも可愛らしい新婚夫婦の人形が・・・。

Imgp1023

美しく暖かそうな座椅子→

***

***

↓祭祀のお供え物も立派

Imgp1029

***

さくっと見て回った後は、バスに乗って、最後の散策地「明洞」(ミョンドン)へ。

自由散策なので、昨日体験できなかった屋台を目指します。

Imgp1032

↑どれも美味しそうflair

Imgp1031

この後、夕食が待っているので、一番食べてみたかった「キムパ」(海苔巻き)をゲット→

「キムパ オルマイエヨ?」(海苔巻きいくら?)

「オチョノン」(5センウォン)

と会話ができただけで、嬉しいheart02

歩きながらモグモグ・・・happy01

大好きな味で、とっても美味しく、満足kissmark

路地裏で両替したり、お土産を選んだり、激安シートパックを買ったり、疲れてたけど、やっぱり明洞は楽しかった。

***

また、バスに乗って、南山公園を越えて「梨泰院」(イテウォン)という高級住宅地に向かいます。

サムソンの社長の自宅は、高い城壁に囲まれた広い邸宅でしたeye

夕食は、3種類の中からサムギョプサルを選びました。

Imgp1033

↑これで、二人前・・・sad

夫の一言・・・家で食べる方が美味しい・・・ng

別料金で頼んだ海鮮チヂミは、なかなかいいお味でしたok

***

お店を出たら、なんと、雪まじりの雨が降っていてビックリsign03

冷え込みも厳しくなっていました。

あ~、明日は天気悪いのかな~~~と、ガッカリdown

本当は、もう一ヶ所、「南大門市場」(ナンデムンシジャン)にも行く予定になっていたけど、何故か、もう観光は終了で、ホテルに帰るようです。

でも、私たちは、昨日、オプショナルツアーの「アカスリ」を申し込んでいたので、途中下車です。

梨泰院の「クラウンホテルエステ」に二人だけで入っていきました・・・。

ソウルの一日は長いspa

| | コメント (0)

2012年12月11日 (火)

ソウル市内観光(その2)

2012年11月30日(金)、滞在2日目の市内観光、3ヶ所目の「宗廟」(チョンミョ)に到着しました。

ここでは、日本語の専属ガイドさんが案内してくれました。

Imgp0995

「宗廟」は、歴代の王様(と王妃様)の位牌を祀っていて、毎年祭祀が行われる祠堂です。

年長者や祖先を敬う儒教の精神が生きている韓国では、とても大切な場所だそうです。

石畳の真ん中は、魂が通る道で、右側は王様、左側は世子(皇太子)が通る道です。

ということで、私たちは真ん中の道を歩いてはいけません。

Imgp0988_2

Imgp0989

←祭祀の準備をする部屋にいた、王様と世子様の人形は、どちらも美形でしたheart

世子様は、日が昇る東のお部屋にいるから、東宮と呼ばれるんですね。

リアルに再現されていました。

***

***

***

Imgp0985

広い宗廟の中に住んでいるたぬきにも会えましたsign03

ガイドさんの上手な日本語の説明で、いろいろなことを勉強できて、良かったです。

***

***

昼食は、5つの候補から全州ビビンバを選びました。

Imgp0999

↑マッコリを頼んだら、大きなボウルにたっぷりとでてきてビックリwobbly

もったいないから、隣のご夫婦に手伝ってもらって全部飲みましたよscissors

海苔のおかずが美味しかったな。

***

午後は、市内散策です。

まずは、三清洞(サムチョンドン)へ。

自由に歩いていいということだったので、夫と二人で適当にブラブラとお散歩。

Imgp1003

路地を探検してみます。

このあたりは、王宮にはさまれた場所で、朝鮮時代は高級官僚が住んでいた地域だそうです。

古い町並みが残されていて、おしゃれなお店も多くて、路地を歩くのが楽しいshoe

Imgp1007

↑こんな立派な韓屋が、宿泊施設になっていました。

泊まってみたいわflair

もっともっと歩いてみたかったけど、集合時間なので戻ります。

また、いつか、二人で来てみたい街でした。

***

次は、仁寺洞(インサドン)へ。

ここも自由散策です。

Imgp1018

↑早速、調べてきた「伝統茶院」というお店で休憩タイム。

ステキな建物ですnote

Imgp1010

私は、五味子茶(オミジャチャ)というお茶にしました。

甘、辛、苦、酸、塩の五つの味がするということでしたが、そのとおり、いろいろな味がして、とても美味しかったし、体にも良さそうなお茶でした。

Imgp1015

←こんな中庭を眺めながら、のんびりとできました。

***

仁寺洞は、お土産物屋が並ぶ賑やかな通りでしたが、あまり情緒は感じられず・・・。

裏通りに行けば、良かったのかな~sign02

***

***

この後も、市内観光は続きます・・・。

| | コメント (0)

2012年12月10日 (月)

2日目はソウル市内観光へ

2012年11月30日(金)、韓国滞在2日目はツアーに含まれている「ソウル世界遺産と市内観光」に連れて行ってもらいます。

朝、8時20分にロビー集合ですclock

Imgp0942

←窓から見たホテルの裏側。

農協の建物のようでした。

よく晴れたいいお天気でうれしいhappy01

気温は1度~3度ということで、ヒートテックにセーターにベストにカーディガンにダウンにヤッケと防寒対策をしっかりsnowboard

***

昨日とは違うシムさんというガイドさんがお迎えにきてくれました。

一行は、私たちの他に、年配のご夫婦1組、女性の2人旅1組、中国出身日本在住4年目の女の子1人の総勢7名で出発です。

まずは、朝食のあわび粥のお店へ。

Imgp0943

←優しい味のおかゆでしたが、どこがあわびなのかよくわからず・・・down

おかずのキムチや塩辛などを入れていただきました。

お昼までお腹がもつかなsign02

***

最初の観光地は、「昌徳宮」(チャンドックン)という、宮殿です。

Imgp0948

1405年に、朝鮮王朝3代目の王様、太宗が建てた王宮だそうです。

しかしながら、豊臣秀吉の文禄・慶長の役で全焼した後、1610年に再建されたものが、植民地時代の政策により再び毀損され、1991年から現在の姿が復元されたそうです。

このときのガイドさんは、あまり詳しく話されなかったけれど、後で聞いたら、韓国人が一番最初に覚える日本人は、侵略者である豊臣秀吉だそうですdash

そんな歴史を思いながらも、どこの国でも、権力者の力を誇示するような豪勢な建物は似ているなあと感じた私です。

Imgp0944

↑屋根の上にいるのは、三蔵法師と孫悟空、猪八戒など。可愛いい石像でした。

Imgp0956

↑韓国の歴史ドラマに登場する王様の座る玉座は、天蓋付きで、立派crown

Imgp0971

↑こちらは、楽善斎という建物で、日本から韓国の皇太子に嫁いだ李方子さんが1989年に亡くなるまで生活されていたそうです。

李方子さんは、韓国で障害者教育などの福祉活動をされて、韓国内でも好意的に受け止められている方だそうですshine

厳しい環境の中でも、自分の役割を自覚して尽力された立派な方だったのだなあと、感銘を受けて、その質素な建物を見学しました。

侵略国日本の国民として、複雑な気持ちで見学していた中、心が温かくなる出会いでした。

***

続いて、隣の「昌慶宮」(チャンギョックン)を見学します。

宮殿内はとても広くて、ゆったりと間隔を置いて建物が造られていました。

Imgp0980

←正殿の「明政殿」。

石畳の真ん中は、王様だけが通る道だそうです。

両側には、武官と文官が並ぶための位を刻んだ石が立っています。

Imgp0979

↑弘化門の外は、大都会eye

このポーズに特に意味はありません・・・wink

***

お迎えの車を待つ間、道路沿いにイ・スンギの姿を発見sign03

Imgp0982

イ・スンギ君は、12月19日に行われる大統領選挙の広報大使に任命されているのですheart04

韓国を代表する、人気スターの証ですねribbon

***

***

***

明日に続きます・・・。

Imgp0962

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

バビエンスイート2に泊まりました

2012年11月29日(木)の夜、22時過ぎにタクシーでホテルに帰ってきました。

明洞から10分位、2900ウォン(=約230円)でした。

Imgp1124

Imgp1126

←今回のホテルは、「バビエンスイート2」

地下鉄5号線の西大門(ソデモン)駅からすぐの便利なレジデンスでした。

レジデンスというのは、キッチンや洗濯機がある長期滞在者に便利なホテルです。

1階には、コンビ二やレストラン、地下にはフィットネスクラブ、3階にレセプションがあります。

レセプションには、コーヒーとクッキーが置いてあって、それが美味しかったですcafe

でも、レセプションの女性は、日本語はカタコト程度で、英語がメインでした。

セキュリティもしっかりしているようで、エレベーターで客室のあるフロアに行く時は、カードキーをかざさないとフロアボタンが押せない仕組みでした。

それを知らず、何度もボタンを押してあせる私に、優しい外国人のおじさんがやり方を教えてくれましたheart サンキューshine

Imgp0939

お部屋の種類はいろいろあるようですが、私たちの部屋は5階の504号室。

一番小さな部屋だったようです。

床暖房が入っていたけど、日によって温度が違っていて、3泊目が一番暖かくてくつろげました。

自分で温度調整ができないようだったので、フロントに言えば良かったのかな~sign02

それとも、ハウスキーパーの方の好みかなsign02

***

テレビは日本のテレビも映りました。(我が家は観ないけど・・)

CDデッキがあるという情報があったので、買ったばかりのイ・スンギのCDを聴こうとしたけど、どうやらDVDしか使えないらしく、何度やってもエラー・・・weep

翌朝フロントにも言ったけど、使えるはずと・・・。
もしや、このCDが不良品かsign01と心配したけど、日本に帰ったら、ちゃんと聴けましたhappy01

Imgp0940

キッチンには、大きい冷蔵庫、電子レンジ、湯沸しポット、食器、洗濯機がコンパクトにまとめられていました。

食器用洗剤はあったけど、洗濯用洗剤はありません。フロントで聞いたら、コンビ二で買えと・・・。

洗濯機をあてにして、着替えを減らした私は、結局、洗面所のせっけんで手洗いしましたとさ・・・wobbly

Imgp0941

バスタブはないけど、シャワーは熱いお湯がたっぷり出たので、大丈夫spa

ガラスの扉がついているので、モルディブのように床がびしょびしょになることもなく、安心flair(いや、これが普通sign02

ガイドブックで、韓国のトイレは詰まりやすいので使用後のトイレットペーパーは流さず、ゴミ箱へ入れると書いてありましたが、ここは、うっかり流しても大丈夫でしたsweat01(もちろん、うっかりしていない時はゴミ箱に入れましたよhappy02

アメニティは、せっけんとシャンプーとリンス、バスタオルとフェイスタオル、スリッパがあります。

ミネラルウオーターが毎日2本置かれていて、助かりました。

***

荷物を所定の位置に納めたら、もう深夜。

せっかく買ってきたビールも飲まずに、すぐに眠ってしまいました。

バビエンスイート2の夜は、静かでした・・・sleepy

| | コメント (4)

2012年12月 8日 (土)

夜の明洞をお散歩の巻

2012年11月29日(木)の朝、10時10分調布駅発のリムジンバスで羽田空港へ出発。定刻どおり、11時20分には、国際ターミナルに到着できました。

72時間前からできるウエブチェックインをして、座席は窓際を押さえてありますsmile
スーツケースを預けて、早速、新しいターミナルを探検eye

Imgp0921

江戸情緒のある造りですが、お店は思ったほど多くなかったです。(人も少なかったけど・・・)
イタリアンのランチをいただき、本などを購入した後は、コーヒーを飲んでまったりと時間を潰しましたcafe

Imgp0922

↑閑散としたチェックインカウンター

出国後に有料のインターネットPCがあったので、帰りの便のウエブチェックインと、ついでにブログの記事をアップしました。(10分100円dollar

***

私たちの乗るJAL93便は、定刻どおり15時30分離陸。

すぐにランチのお弁当が配られました。

Imgp0925

←ランチというより、軽食という感じ・・・。

白ワインとともに・・・happy01

映画を観ていたら、途中で、もう到着sign03

最後まで観られなかった・・・。

時差はなく、18時ちょうどの到着で、大きな赤い月が昇るのが見えましたfullmoon

***

まずは、空港の銀行で両替をします。1万円が126000ウォン。

ガイドの李さんと合流してホテルへ向かう間、私たちだけだったので、夕飯のことや滞在中の希望などいろいろと教えてもらって、地図ももらって一安心。

ホテルに荷物を置いて、まずはロッテ免税店へ。(特に行きたいわけではなかったけれど、なんとなく、行かなきゃならない雰囲気だったのです・・・sweat01

李さんとは受付で粗品をもらって、売り場を教えてもらってお別れ。
ここからは、夫と二人で夜の繁華街へ出ることに・・。ちょっと緊張・・・bearing

ロッテデパートには、イ・スンギがCMキャラクターになっている【コーロン】というアウトドアブランドのお店があることを調べていたので、早速行って見ました。

Imgp0927

商品は高かったので買えず、柱の写真だけ撮ってきましたbleah

ロッテデパートの前は、クリスマスイルミネーションが美しい↓

Imgp0928

まずは、教えてもらったCDを買える店に向かいます。

すると、いわゆるCDショップではなく、化粧品屋さんの2階と3階が韓流スターのグッズ売り場になっていて、そこにCDも置いてあるというお店でしたimpact

何はともあれ、発売になったばかりのイ・スンギのミニアルバムを32000ウォンで購入できて、良かったわheart04

店員さんの日本語が流暢だなと思っていたら、留学中の日本人の方でしたsign02。彼女もイ・スンギのファンだということで、ストラップをおまけにくれて、ありがとうpresent

次は、夕食に向かいます。

「神仙ソルロンタン」という牛骨スープのお店です。イ・スンギが主演したドラマ「華麗なる遺産」の舞台になっていたお店なので、行ってみたかったんですheart04

Imgp0933

↑入口には、ドラマの写真がたくさん飾ってありました。

ハングルを勉強した甲斐があって、この看板が読めたのですshine

日本語は通じないけど、指差し注文で大丈夫scissors

Imgp0930

←私のは美味しかったけど、夫の頼んだ高い方のは完食するのが苦行だったようです・・・happy02

お替り自由の2種類のキムチは、店員さんがはさみで切ってくれましたflair

***

明洞の道にはたくさんの屋台が出ていて、人も多くて賑やか。

道端の両替所で両替すると、1万円が130000ウォンで、空港よりもお得でしたdollar

10000ウォンが800円ということになりますね。慣れないとドキドキするけど・・・。

Imgp0934

↑メインストリートの様子です。

楽しくお散歩をした後は、カフェで美味しいコーヒーを。こちらは英語が通じました。

Imgp0938

総じて、韓国のカフェのコーヒーは美味しかったです。

日本には進出していないチェーン店もいろいろあるみたいですね。

***

夜も更けてきたので、李さんに教えてもらった場所でタクシーを拾って、無事にホテルに帰ってくることができました。

タクシーは初乗りが2400ウォン(=200円位)と安いので安心して使えます。

***

こうして、韓国の一日目が終わりました。

心配していたいろんなことが、全部無事に進んだので、ホッとしました。

明日は、ホテルについて書きますpencil

| | コメント (0)

2012年12月 7日 (金)

イ・スンギのコンサートは盛り沢山!の巻

2012年12月1日(土)、ソウルでのコンサートの様子です。

第一部は、オーケストラをバックに、バラードをしっとりと歌うコーナー。

喉の調子が悪いのか、メロディが編曲されていて、高音になるところを低音に変えて歌っていたのが気になりましたが、声がかすれることはなく、いつものように美しい声でしたnote

Photo_2

(↑写真はどなたかが撮られた物を拝借しました。以下同じ。)

新しく出たアルバムからも2曲歌ってくれましたよ。

「戻す」という曲がステキなので、→こちらで

第一部が終わると、韓国のガールズグループとボーイズグループが登場。

知らないグループだし、言葉が分からないので、「ふ~ん・・・」という感じでしたが、帰国して観た韓国の歌番組に出ていたので、売り出し中なのでしょうねhappy01

その間、席を立ってトイレに行く人も結構いて、休憩中という雰囲気clover

第2部は、ヒット曲をミュージカル風に歌い踊るステージや、韓国で大ヒット中の「江南スタイル」の替え歌バージョンとか、トロットという韓国の演歌とかで楽しませてくれて、その間にたくさん話もしてくれて、客席は爆笑してました。

言葉が分かったら、もっと楽しめたのにな~~~down

武道館公演の時とは違って、気楽に冗談を言ってる感じでした。

隣の韓国のおばちゃんが「江南スタイル」の後、笑いながら、「○○よねえ!そうでしょう!」みたいに話しかけてくれたけど、全く分からないまま、うなづき返すしかなかったし・・・coldsweats01

でも、この瞬間をみんなで共有して楽しんでるという連帯感を強く感じて、とっても嬉しかったですribbon

ずっと座っていた夫も、「江南スタイル」の時だけは立ち上がって観てたので、後で聞いたら、ゲストに本家のPSY(サイ)が来るかと思ったそうです。

この時が一番盛り上がったかも→こちらで

Photo_3

最後はお決まりの盛り上がる曲で終わって、アンコールは、新曲とデビュー曲の2曲。

Photo_4

たっぷり3時間、全25曲のコンサートだったけど、私にとってはあっという間でした。

入口で紙飛行機を作る紙を全員に配っていたので、いつ飛ばすのかな~と思っていたら、アンコールの途中でステージ脇から飛ばし始めたので、私も飛ばしました。後ろから飛んできたのもまた飛ばしたりして・・・。

終わった後のサブステージを見ると、こんな感じ↓

Imgp1113

紙飛行機の残骸が載ってました。

Imgp1115

幸せな余韻に浸っていたくて、なかなか会場を去りがたく、こんな記念写真を撮ったりして→

本当に、はるばる韓国まで来た甲斐があった、楽しいコンサートでしたheart

帰り道にも、グッズの出店がたくさん出ていて、カレンダーとか、ブロマイドとか、クッションとか、いろいろあったけど、私はマウスパッドだけ購入してきました。

職場で使おうと思ったけど、スンギ君の顔の上をマウスでクルクルすることはできず、リビングに飾っていますhappy01

今回の旅行でゲットしたスンギ君グッズはこちら↓

Imgp1132

左下が、新しいミニアルバムです。フォトエッセイ集になっています。

初日に明洞で購入しましたcd

最後に、コンサート中、立って踊る私のために、ずっとバッグや荷物を持っててくれたダーリンに感謝ですheart04heart04heart04

***

明日からは旅行記を最初から始めますairplane

| | コメント (0)

より以前の記事一覧