カテゴリー「2009明神館」の記事

2009年10月 7日 (水)

女神湖一周お散歩ととんかつの巻

9月25日(金)の午後、美ヶ原高原を散策した後は、初日に霧の中を走ってきたビーナスラインを車山方面へ戻って行きました。

途中で、リスが一匹道路を走って横断したのにはビックリしましたeye

Imgp1323←青空が広がり、少し紅葉が始まった山が美しい。

車山登山に再チャレンジしようかという考えもあったんですが、一昨日のハイキングの疲労が残っていて断念!sadリフトで登る方法もあったんですが、高くて断念!dollar

Imgp1324

白樺湖も初日と違ってきれいに見えます→

***

どんどん進んで到着したのは女神湖でした。

Imgp1326

ボートにも乗ってみたかったけど、日頃の運動不足を解消すべく、湖の周りを一周お散歩することにしました。

きちんと整備された歩道がありましたよ。

Imgp1327

静かな湖畔の道でした。

Imgp1328 Imgp1331 Imgp1333

****

****

****

**

のんびり歩いて30分~40分くらいだったと思います。(もうよく覚えていない・・・sweat01

一周した後は、昼食代わりに車の中でおやつタイムにしました。明神館を出る時に、水筒にお茶と冷水を入れてきたんですscissors

実はこの日の夕食は諏訪湖のとんかつと決めていて、そのための時間調整とお腹調整なんですよpig

ビーナスラインを和田峠まで戻って、国道142号を下って、お店を目指します。

そのお店は「とんかつ丸一」といって、国道20号の旧道沿いにあります。松本方面から来ると上諏訪駅を過ぎて最初の踏切の手前左側です。お店の前に駐車場がありますよ。

Imgp1335

夫はここに来るのをとても楽しみにしていました。

5時の開店直後に、いそいそと入っていきます。

ここの『ロースかつ』は厚さ3センチ以上もあって、一人前350グラム、1700円です。とにかく大きいので時間を掛けてじっくり揚げてあります。

Image010

毎度のことながら食べかけの写真ですみませんsweat02
←この厚さが伝わるかな?

当然私は食べ切れませんでした・・・。

しっかりしたお肉なのに、柔らかくて、美味しいです。

定食についてくるお味噌汁も肉がごろごろ入っていて美味しいhappy01

ごちそうさまでした。

***

***

満足した後は、一路国道20号を走って帰ります。(この日は平日なので高速道路は1,000円じゃないんです・・・)

途中、勝沼あたりで通勤割引になるかなと高速に乗ったので、夜10時頃には帰宅できました。

今回もずっと運転してくれたtmさん、ありがとうねheart04

次の旅行はいつかな~~~~sign02

| | コメント (2)

2009年10月 6日 (火)

明神館から美しが原高原へ

9月25日(金)、旅行の最終日の朝になりましたsun

バスタオル2枚重ねの枕のおかげでぐっすり眠ることができましたよ!!

朝食はやはり「ダイニング四季」で、でも、昨日とは違うメニューでした。さすがです。

驚いたのは、朝どれ野菜が美味しかったこと。大根、トマト、きゅうり、そして茄子に塩や味噌をつけて丸ごとかじるんですkissmark

生の茄子が甘いということを知りました。

トマトをかじったら、実がはじけて目に入ってしまい、しばらく充血してました。(トマト爆弾には気をつけましょうbomb

この朝食も量が多くて、満腹以上になりました。お腹が苦しかった。

***Imgp1309

朝食後は、最後の温泉を満喫して、12時のチェックアウトまでお部屋でのんびり荷物をお片づけweep

温泉も、食事も、お酒も、読書も、音楽も、十分満喫したので、後ろ髪を引かれることなくすっきりとした気分で出発できました。

旅館の前には「やまぼうし」の赤い実がたくさんなっていましたよ。↑

***

帰りは広いほうの道を選んで、ビーナスラインへ向かって山を上ります。

まずは、美ヶ原高原へ。

Imgp1310

牛が放牧されている牧場の中の道を登って牛伏山の山頂まで10分ほど歩きました。

ここは山火事で木がなくなった場所を牧場にしたんだそうです。おかげで360度の視界が開けていて気持ちの良い場所でした。

Imgp1312

雲が多くて残念でした。ここも快晴の日にリベンジしたいです。

Imgp1314

遠くに王ヶ頭の電波搭が見えます。あそこまで歩くと約1時間だそうです。ホテルもあるらしい。→

駐車場の売店でソフトクリームを買って、景色を眺めながら食べました。幸せなひと時heart

この後もドライブは続きます・・・。

Imgp1315

| | コメント (2)

2009年10月 5日 (月)

二日目の夕食「モダン和食」編

9月24日(木)、明神館宿泊2日目の夕食は「ダイニング四季」でいただく創作和食でした。

朝食と同じテラス席に案内していただいて、ライトアップされた渓谷を眺めながらの夕食です。

地酒の冷酒を注文すると、お花が一輪活けられた氷の入った桶で出てきましたよtulip

Imgp1284

食前酒も出てきたので、たっぷり二人分飲み干しますbottle

コースメニューのほかに、別注文のメニューもあったので、せっかくだからと、馬肉のあぶり寿司をお願いしてみました。

Imgp1286

***

(半分食べてしまっててすみません)これが、とっても美味しかったんです→

***

前菜は「紅葉月の頃」と命名されていて、二人分盛り合わせでした。

Imgp1285

きのこなどの秋の食材が、秋らしい盛り付けで出てきて、思わず「わぁ~」とため息が・・・maple

どれも美味しかったですhappy01

***

Imgp1287 Imgp1288 Imgp1289 Imgp1290

左から、「松茸とフォアグラのソテー」、

「蓮根饅頭と鱧葛打ち」(大きな大きな器の中はお出汁のいい香りが充満していました)、

「信州牛とまこも茸のスパイシー」、

「地物野菜の治部仕立て」(もうこのあたりでお腹一杯sweat01)、

続いて、

Imgp1291 Imgp1292 Imgp1293

***

***

***

「つくね芋二種養老寄せ」、

「菊菜と鰊のお茶漬け」(奥の白いお皿はお漬物の盛り合わせですが、半分以上残してしまいました。お茶漬けも夫に手伝ってもらいました。)

最後は「シャーベット、梨のコンポート、わらびもち」で締めくくり。

驚くような料理ではなかったけれど、食材の良さと丁寧に作られているところに好感が持てました。(量はもう少し控えめでもいいと思います・・・)

***

レストランを出た後は、お腹が苦しいので腹ごなしにお散歩に行きました。

星空を眺めたかったんですが、両側から山が迫っていて少ししか見えませんでした。残念!!

Imgp1294

←夜の明神館

↓サロンから見たライブラリー&音楽の流れるサロン

Imgp1297 Imgp1300

静かな夜は更けていくのでした・・・night

| | コメント (2)

2009年10月 4日 (日)

エステとお散歩の巻

9月24日(木)、明神館滞在2日目の予定は、アロマエステとお散歩です。

朝食後に寝湯で温まった後は、サロンへ行って涼みながらモルディブなどのリゾートの雑誌を見たり、フロントでCDを借りたりしてました。するとあっという間に昼食の時間に。

あわてて和食処へ向かうと、男性のスタッフが待っていてくださいました。揚げやごぼうの入った塩味のおざんざは納豆の味は全く感じられず、細いおうどんのようでした。ちょっとしょっぱかったかなnoodle。(あわてたので写真はありません・・・)

1時からはアロマエステへ向かいます。朝10時から午後1時半まではモーニングサービスで20%引きになるということで、昨夜のうちに予約していたんです。

カルテを記入して、オイルを選んで、お部屋に案内され、紙パンツ一枚になって、いよいよ始まりです。全身を暖かい手でマッサージしてもらう「ボディヒーリング」をお願いしました。

あまりの気持ちよさに途中からぐっすり眠ってしまいました。首が凝っていましたよ~と教えてもらいながら、ハーブティをいただいてお部屋へ帰りました。

ちなみにこの時間、夫はお風呂を二ヶ所巡っていたそうですheart04

***

夕方からはお散歩にでかけました。フロントで地図をもらって、出発!

渓谷に沿って白樺林を見ながら登って行くと、小さなダムがありました。

Imgp1273_3

Imgp1274_2

釣りをしている人もいましたよ

Imgp1276_2

←この丸木橋の近くに赤みがかった色の蛇が泳いでいましたdash

一周30分位の手ごろなお散歩コースでした。

***

***

旅館に戻ると、ロビーではちょうどおやつタイムだったので、私はハーブティを、夫は珈琲をいただきました。

小振りのクッキーが美味しかったので、お替りしちゃいました!

そのうちに時刻は5時を回り、アペリティフタイムに移り変わっていきました・・・。スタッフの方の「お飲み物はいかがですか?」のお誘いに、今日もちゃっかりスパークリングワインをオーダーbar

お部屋で一休みした後は、汗もかいたことだし、またまた立ち湯へ行きましょう。

そうそう、お部屋にいるときはいつも部屋着を着てました。ゆったりしていて着心地が良くてお気に入りでした。売店で購入することができるようですが見つけられませんでした・・・。

この後は、2日目の夕食編に続きます・・・。

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

2日目の朝(というか深夜)

一日目の夜は、露天風呂へ行ってみたけど勇気がなくて入れないまま就寝しました。

でも、ゆったりとしたベッドでぐっすり眠れたのか、深夜3時前にはすっきり目が覚めてしまった私・・・clock

普段はねぼすけの癖に遊びに行くといつも早起きになるのですが、いくらなんでも早過ぎでしょ!!と思ってベッドの中で目を閉じていたんですが、どうしても眠られず、起きてしまいました。

夫を起こさないように、薄暗い明かりの中、お茶を入れておにぎりを食べたり、本を読んでみたり、お風呂の椅子に座ってマニキュアを塗ってみたり、しているうちに4時を過ぎたので、「立ち湯」へ行ってみることにしました。

寝静まった館内を歩いてお風呂場へ行くと、のんびりとした音楽が流れていて明かりも灯っていて、ホッとしましたmist

お風呂に浸かって真っ暗な空を見上げるとたくさんの星がキラキラと輝いています。この時間に車山にいたら、満点の星空が見えるんだろうなぁ、いつか行ってみたいなぁ、なんて思いつつも、ちょっと音がするとビクッとしたりして、あんまりゆったりと浸かってはいられない臆病者ですcoldsweats01

Imgp1269_3

←深夜の立ち湯

両側の壁には大きな蛾が張り付いていたりして、まさに秘境の雰囲気です。

***

***

お部屋に戻って、フレーバーティを淹れて本を読みながら、窓の外が明るくなっていくのを眺めるひと時は、このうえなく幸せな時間でした・・・。なんとなく、モルディブにいるような気分になって・・・pisces

***

朝食は、8時から10時までの間に行けばいいんです。のんびりできて、いいですよね。

ダイニング四季というレストランの川を見下ろすテラス席でいただきました。椅子には電気毛布がかけられていて、背中もお尻もぽかぽかと暖かいのにビックリ!

朝採れの新鮮野菜を使ったヘルシーでボリューム満点の朝ごはんでしたjapanesetea

Imgp1271

食後は、デザートと珈琲でしめくくり。

Imgp1272

***

***

このとき、スタッフの方から昼食とお部屋の掃除はどうされますかと聞かれました。

出かける予定はなかったので、宿でいただけるおうどんとおざんざ(納豆を練りこんだうどん)を12時に予約しました。(近くに日帰り温泉があって食事処があるけれど今日はお休みなんだと教えてもらいました。きめ細やかな対応に感心した次第ですnote

お掃除は、リネン類の交換だけでいいですと伝えて、枕が高いので替えられないかと相談すると、そば殻の枕になるのでバスタオルを2枚重ねてはどうでしょうと提案してもらい、なるほどと思いお願いしました。

***

さあ、今日2度目の朝風呂へ向かいましょう。お気に入りの立ち湯は掃除中だったので、寝湯へ行きましたよ。

まだまだ続きます・・・spa

| | コメント (3)

2009年10月 2日 (金)

一日目の夕食「オーガニックフレンチ」編

9月23日(水)夜7時頃、明神館のオーガニックフレンチレストラン「SAI」に入ります。

素敵なユニフォームの若い女性スタッフに席まで案内していただきました。店内はほぼ満席のようです。

メニューには8品のコース料理が書かれています。楽しみ~~~restaurant

フラッシュをたかずに撮ったので見にくい写真ですが、全部載せますよ~camera

Imgp1257 Imgp1258

Imgp1259

Imgp1260

***

最初の「信州蕎麦となめこ」は蕎麦の香りのプリンの上に大振りのなめこが乗った、香りと口当たりとお味の調和が絶妙な一品shine

その次は「信州サーモン」をりんごのゼリーで包んだ上に小さなお野菜が乗っていてりんごのほのかな香りが効いた一品apple

三品目は「雑きのこと信濃地鶏」

四品目はこの日一番のお料理で「茄子のカプチーノ」のスープ。焼き茄子の和の香りと濃厚なホイップミルクの取り合わせには驚きました!

Imgp1261

Imgp1262

Imgp1263

Imgp1264

***

魚料理は「的鯛と蛤」

お口直しは「信州産山葵とグレープフルーツ」のシャーベット

メインは3種類から選べました。私は「オマール海老とリードヴォー」のソテーをチョイス。これまでに美味しいパンを2個もいただいていてお腹一杯でしたwobbly

最後は「甘い誘惑~栗と洋ナシ~」に珈琲をいただいて終了です。

サービスのスタッフの方との楽しい会話とフルーティな白ワインにすっかり良い気分になりました。

ごちそうさまでしたheart04

***

食後は、ライブラリーをちょっとのぞいてからお部屋へ戻ります。すると・・・、

Imgp1267

←お部屋はお茶セットなどが取り替えられていて、お夜食のおにぎりが置いてありましたriceball

今はお腹一杯で食べられません!(でも、翌朝しっかりいただいちゃいましたhappy01

***

静かな夜が更けていきました・・・。

| | コメント (0)

2009年10月 1日 (木)

ライブラリーへ

お風呂の後は、一人でロビー横のライブラリーへ行ってみました。

いろいろな本と雑誌、PC、珈琲・ハーブティが用意されています。

Imgp1266

←誰もいないライブラリー(ぼけててすみません)

Imgp1281

中学か高校の頃読んでいた懐かしい吉屋信子さんの復刻版(挿絵は竹久夢二です)を見つけて借りることにしました。美しい本でしたheart04

***

ライブラリーを出ると丁度ロビーではアペリティフのサービスタイムでした。スタッフからお飲み物はいかがですかと声を掛けていただきましたよ。わーいshine

5時から7時まではスパークリングワインや冷酒、梅酒、ジュースなどをサービスしてくれるとお部屋の案内に書いてあったので、ちょっと期待していたんですwine

お風呂上りの私は、スパークリングワインをいただきながら、ソファで読書を楽しみました。(ちゃっかりおかわりもしちゃいましたhappy01

大勢宿泊されているはずなのに、ゆったりとしているのは何故なのかしら・・・。ガツガツしていない優雅な人たちなんでしょうね、きっと・・・。

***

ほろ酔い気分でお部屋に戻って、夕食の時間を相談しましょう。

夕食は、3つのレストランから事前に予約できます。「和食懐石」と「フレンチ」と「モダン和食」ですが、決められない私はお任せにしてありました。

一日目は「フレンチ」で、時間は6時から8時までの好きな時間に行けばいいということでした。

浴衣のままで大丈夫ということでしたが、せっかくなので持参したワンピースに着替えて7時前に出かけていきました。

フレンチレストランはロビーの横なので、またまた、食前酒をいただくことに・・・。

Imgp1256

←私はスパークリングワイン、夫はジュース。

重厚なロビーの雰囲気が伝わればいいのですが・・・。

***

***

次回はフレンチの夕食編です。

| | コメント (0)

2009年9月30日 (水)

温泉は全部で4つ

温泉好きの私は数え切れないくらい何度もお風呂に通いました。

①まずは大浴場へ。ここと立ち湯「雪月花」は24時間入浴できます。

お風呂場にあるメイク落とし、ボディソープ、シャンプー・リンスはどれも質のいいものが使われていました。

脱衣所には化粧水、乳液、ボディクリーム、ヘアトリートメントも揃っていますし、ブラシ、綿棒、ドライヤー、バスタオル、冷茶も用意してあって、手ぶらで行っても大丈夫でした。

お湯は熱くなくて丁度いい湯加減。露天風呂も併設されていました。

***

②寝湯「空山」は、洗い場はなくて浸かるだけですが、その名のとおり空と山だけを眺めながらのんびり温まることができます。

ここは深夜は入れません。私は、いつも貸切状態でしたよ。お気に入りですhappy01

***

③立ち湯「雪月花」は、一番良かったです。深夜4時頃に入ったときはちょっと恐かったけど、写真を撮ることができました。

Imgp1269

←一番奥が深くなっていて立ったまま浸かっていられます。

窓にはガラスがなくて開け放しなので、夜は大きな蛾が飛んできます・・・coldsweats01

この下は渓流になっていて、せせらぎを聴きながら、景色を眺めながら、楽しいお風呂タイムが過ごせました。

ミストサウナはちょっと温度が低かったのが残念。

***

④最後は川沿いの露天風呂です。

ここは玄関を出た外にあって、混浴です。夜7時半~9時半までは女性専用になります。

かなり開放的なので、入るつもりで行ってみたけど浴衣を脱ぐ勇気は出ませんでした。他に誰かいたら入れたかもしれないけど・・・。

それに、川の音は聞こえるけど塀で囲われているので景色は見えません。ちょっと残念でした。

***

この扉温泉は、体がよく温まるし、お肌はしっとりするし、気持のいいお湯でした。

掛け流しのお湯があふれて流れていく音と虫の音にすっかり癒されました。

Imgp1273

| | コメント (5)

2009年9月29日 (火)

明神館に到着!

八島湿原を後にして、ビーナスラインを美ヶ原高原に向かいます。扉峠から西へ下ると、目指す扉温泉です。

この道が一方通行かと思うほどの狭さで、対向車が来たらどうしようと、ドキドキしてましたsweat02。が、幸いにもすれ違ったのは一台だけで、たまたま広いところだったので大丈夫でした。もう二度とこの道は通りたくありませんhappy02

唯一、リスが木を走り下りるのを見ることができたのが嬉しかったですeye

***

そうしてようやく、9月23日(水)の午後3時過ぎに『明神館』に到着しました。

Imgp1278

駐車場の係りの方が誘導してくださって、玄関前へ。

車はお任せして、案内の方に荷物を持っていただいて、ロビーへ向かいます。

館内はお花や立派な調度品がいっぱいで、ずっしりとしたソファに座って待っていると、すぐに着物姿の若い女性がお部屋へ案内してくださいました。

お部屋は210号室。ベッドタイプのお部屋です。

Imgp1245

←大きいベッド

Imgp1247

大きな窓に向かって並んだゆったりとしたソファと、水屋コーナー→

お茶を入れていただいて、ここで宿泊カードを記入します。館内や夕食の説明もしっかり聴きましたよ。

Imgp1249

←洗面室と↓お風呂

Imgp1250

3箇所のライトはすべて調光ボタン付きです。

***

***

Imgp1254

←暖炉の上にはお花がtulip

***

クローゼットには外用と就寝用の2種類の浴衣と、部屋着と、くつしたと、バスローブとスリッパが置いてありました。(ぼけててすみません)↓Imgp1252

***

お部屋に入ると、ラブバラードのオルゴール音楽が流れていましたし、なんだかいい香りがしていましたよ。

このCDデッキには真空管のアンプが使われていました。透き通った音色だなと思ったのは気のせいではないと思いますnotes

***

一息ついたら夫はいつものお昼寝。

私は温泉へ向かいます。

| | コメント (1)

2009年9月28日 (月)

八島湿原へ

車山の次に訪れたのは、霧が峰ビジターセンターです。高原の植物や動物、歴史などをお勉強して、次にどこに行こうかと検討しました。

そして、向かったのは「八島湿原」です。が、歩く前にまずは腹ごしらえということで、売店の食堂へ。さっきおにぎり食べたのに、夫は親子丼を、私は野沢菜のおやきを・・・。へへへ・・・。

Imgp1220

ここは、湿原の周りに遊歩道があって80分で一周できます。

相変わらずの霧の中を頑張って歩きました。

秋色に染まり始めた湿原に白い霧がかかって、しっとりとした美しさでしたよ。

Imgp1225 Imgp1231

Imgp1233 Imgp1243

でも、同じような景色が続く中を1時間半近く歩き続けるのは、結構辛かったです。久しぶりの山登りの後だったので、もう、ヘロヘロでした。

Imgp1241

←もくもくと歩く夫

↓毒草で有名なトリカブトを見ることができました。(多分sweat01

Imgp1240 ***

***

ここは、駐車場側の入口から右手方向に20~30分進んで引き返すコースが見所が多くお勧めですよ。

***

この後はいよいよ明神館に到着の巻ですnotes

| | コメント (2)

より以前の記事一覧